不動産選びのポイント|物件の特長や地域の情報をしっかりと集める

債務超過での不動産売却に

玩具の家とお金

売却するにあたり大切な点

住宅ローンの支払いが困難になることで、不動産の売却を検討するものの住宅ローンの残債が残ることによって、本来では売却できない不動産を売却する方法が任意売却です。福岡でも任意売却が可能となっており、自己破産したくない方や競売にかけられたくない方には、最善の方法となっています。任意売却を行う際に必要なポイントには、競売にかけられる前に第三者に売却を完了することが大切です。そのためには、住宅ローンの催促状や督促状が届いたらすぐに検討し、利益損失通知や代位弁済通知が来たらできるだけ早く任意売却をするようにしましょう。競売開始となる期間は福岡も同じで、住宅ローンの支払いが滞ってから約13ヵ月目以降の競売の開礼日が期限です。これをすぎると、市場価格の50%から80%程度の価格による競売となるため、90%前後で売却できる任意売却を早期に完了することが必要になります。福岡で任意売却をするには会社選びも重要項目で、良い会社を選ばなければ高値で売却するどころか、期限に間に合わない可能性もあります。会社選びに注意する点として、一般の不動産売買とは異なるため、住宅ローンの現状や手続きに関する法律などに詳しく、債権者や買い手との交渉力を兼ね備えた会社選びが重要です。そのため、弁護士や税理士など提携しているか、任意売却の実績が豊富であるか、販売力があるか、任意売却後のアフターサポートが充実しているかなどの要素を見極めて会社を選ぶようにしましょう。それと同時に、宅地建物取引業法によって仲介手数料が定められており、通常では成約価格の3%と固定報酬の6万円に消費税が一般的です。不透明な手数料や物件調査費用、コンサルティング料など余計な費用を請求しない会社を選ぶことも忘れてはいけません。このような点を踏まえて、安心できる任意売却を福岡で行ってみてください。

To Top