不動産選びのポイント|物件の特長や地域の情報をしっかりと集める

賃貸を借りる時の基礎知識

住宅を見る人

用意しておく費用や書類

不動産賃貸借契約を交わすときに必要になるものを用意しておくと便利です。契約をするときには初期費用が必要です。契約時に不動産会社に支払う費用、家主に支払う費用、管理会社に支払う費用などです。さらに引越し費用や新居での家具購入費用なども用意しておく必要があります。いろいろ合わせて、一般的に初期費用だけで家賃6か月分は必要になると言われています。茅ヶ崎の賃貸アパートを借りるときにも、初期費用が必要です。ただし、あえて初期費用が安い賃貸を選ぶことで、かなり節約ができます。茅ヶ崎には敷金なし保証金なし礼金なしの賃貸アパートが数多くなります。そういう賃貸アパートならば、初期費用10万円以下で借りることが可能です。また、引越しをする時期が特に決まっていないなら、真夏にすれば引越し費用が割安になります。不動産賃貸借契約では連帯保証人も必要です。ただし、最近は茅ヶ崎でも保証会社を利用して借りる賃貸が主流になっています。連帯保証人がいないなら、保証会社利用可能な茅ヶ崎の賃貸アパートがお勧めです。ただし、保証会社を利用するには家賃半月〜1か月分の保証金が必要です。また、一年ごとに1万円の支払いが必要になる場合もあります。そのほかに必要なのは、現住所の記載がある身分証明書や住民票のコピー、実印や印鑑登録証明書などです。必要になるものは契約する不動産会社によって違います。入居審査合格連絡のときに指示があるので、メモをしておくことをお勧めします。

To Top